タイのバンコクから遠く離れた田舎でダメな凡夫が宮沢賢治さんのような立派な凡夫をめざすブログ

【今日のつぶやき】

現在、タイの田舎への引っ越し準備中です。なんにもないタイの田舎での生活、宮沢賢治さんの”雨にも負けず”のような晴耕雨読の生活がしたいです。食べ物も自分で作ったものが食べれるし、それに猫さんやワンちゃんも田舎ならいっしょに生活できるし、楽しみにしています。

 

mon

内容が面白い、役に立った、楽しいと思ったら、下のバナーのどれかをクリックしてください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

猫サムライ的バンコク生活

2017年3月12日 ぐるぐる廻るシャブシ(Syabushi)でおなかいっぱいの日曜日

投稿日:

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

Jpeg

いがいは意外に体に良いらしいです

数日前から騒いでいたタイのビュッフェsyabushiに行ってきました。宣伝してたいがいという貝をたくさん食べてきました。感想は思ってたより貝が大きくたべごたえがありました。でも、味はいまいち。やっぱり、はまぐりとかあさりとか、あわびやさざえのほうがいいですね。あんまり馴染みのない貝だと思って調べたら、カラス貝、ムール貝のことでした。それに、いがいは意外に体に良いらしいです。一杯食べたから、さらに体調がよくなることでしょう。

宣伝したたのに、ぜんぜん流れてこないので、気の短いトンちゃんがこんなにまとめてもってきてもらいました。

Jpeg

鉄が豊富に含まれていますので貧血の予防や改善に有効です。
ビタミンB12や葉酸も多いのですが、これは赤血球のヘモグロビンの合成を助けることから悪性の貧血を予防する効果が期待できます。
ビタミンAは目に必要不可欠なロドブシンという物質を作るのに重要な働きをしています。

モンちゃん流syabushiのたべかた

1.まず寿司をいっぱい確保

寿司は流れてこないので、さっそく寿司がおいてあるとこに行って、サーモン、イカ、サバ、海老、かっぱ巻きを確保・・・のはずだったのですが、なぜか行ったら、サーモン、とびっこ、海老ぐらいしか寿司と呼べそうなものがありませんでした。どーなっちゃったsyabushiという感じでした。しかたがないので、サーモン、とびっこ、海老をいっぱい食べました。あとは、たこ焼きのような外見のえたいのしれないものがあったので試しにたべましたが、得体が知れないので1個だけにしておきました。あとは、揚げ物がのっかった寿司のようなもの。やめときました。

Jpeg

2.魚介類をいっぱい鍋に入れてスープを作って飲みます。

肉は食べないのではまぐりにような貝と今回はいがいと、きのこ、わかめ、野菜をいっぱい入れて食べました。これは、いつも美味しいです。

Jpeg

あとは、1と2を限界まで無限に繰り返す。

Jpeg

Jpeg

3.最後はアイスクリームです。今回はバニラアイスをいっぱい食べて、満足です。

でも、寿司のメニューが減ったのが残念。次回またいきたいかというと、料金やメニューを考えると今度は日本料理店さんの竹亭さんのほうがいいかなと思いました。

シーロムにある日本料理店食べ放題の「竹亭」 - タイ バンコク タイ自由ランド
シーロムにある日本料理店食べ放題の「竹亭」 - タイ バンコク タイ自由ランド

今日の可愛い猫さん

我慢する表情ががかいいでござる。猫も人間も忍耐が大切でござる。

では、また、明日。

明日のためにゆっくり疲れをとって休みましょう。

Jpeg

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







内容が面白い、役に立った、楽しいと思ったら、下のバナーのどれかをクリックしてください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

おすすめ記事です

1

    目次1 マッサージ・チェアーだと何かが足りない気持ち2 幸せホルモン「オキシトシン」とは何か?3 オキシトシンを出して幸せになりましょう4 タイでむかしBigCでみつけた不 ...

2

目次1 人工知能を人間の脳に融合させるneural lace2 トランスヒューマニズムの時代3 ヒトラーの予言とシンギュラリティ4 新しい神または新しい仏法による世界 人工知能を人間の脳に融合させるn ...

3

目次1 イーロン・マスクさんはどんな人か調べた、驚いた、すごい人だ2 Wikipediaでわかったこと3 未来を熱く語るイーロン・マスクさん4  イーロン・マスクさんの未来へのイマジネーションがすごい ...

4

気がつくとボクは奇妙な銅像の前に立っていた。そしてなんでこの場所に自分がいるのか、まったく記憶がなかった。何が奇妙かというと、人と猫がいっしょに立ってる銅像で、人と猫が同じ方向に向かって指を指している ...

-猫サムライ的バンコク生活

Copyright© タイのバンコクから遠く離れた田舎でイマジン・ハッピー・ライフ , 2018 AllRights Reserved.