タイのバンコクから遠く離れた田舎でダメな凡夫が宮沢賢治さんのような立派な凡夫をめざすブログ

「詩」 一覧

おすすめ記事です

1

    マッサージ・チェアーだと何かが足りない気持ち タイのバンコクで生活をはじめて以来、タイマッサージは1週間に1回は必ず近くのマッサージ屋さんにいってましたが、それが プロンポ ...

2

人工知能を人間の脳に融合させるneural lace 人工知能を人間の脳に融合させるneural laceのニュースが話題になっています。このニュースをきっかけに、自分の関心のある、人工知能、トランス ...

3

イーロン・マスクさんはどんな人か調べた、驚いた、すごい人だ 数日まで、イーロン・マスクさんのことはまったく知らなかった。きっかけは人工知能を人間の脳に融合させるneural lace。いったいどんな人 ...

4

気がつくとボクは奇妙な銅像の前に立っていた。そしてなんでこの場所に自分がいるのか、まったく記憶がなかった。何が奇妙かというと、人と猫がいっしょに立ってる銅像で、人と猫が同じ方向に向かって指を指している ...

だいじょうぶ

2018/02/17   -創作,

ある日突然 小さな池の水がなくなって 小さなバケツの中に入れられた 小さな池のなまずさんは なんだかとても苦しい おじさんが間違えて 小さな池のなまずさんを 大きな海に入れてしまったら 小さな池のなま ...

水平線

2018/02/14   -創作,

  大航海時代の人のように 水平線の向こうをめざして 冒険に行ってみたい 水平線は不安と希望の境界線 昔の人は水平線を見ながら 不安と希望にゆれながら 時の流れの中を生きていた ところが僕ら ...

サンマを狙う猫さんのようにフアフア

2018/02/13   -創作,

自分を忘れるほど 何かに夢中になったとき 自然と幸せになっている サンマを狙う猫さんのように 夢中になって何かを作る 夢中になって練習する 料理でも、スポーツでも、釣りでも よけいなことは考えない 余 ...

心の中心

2017/01/24   -

楽しい歌を聴くと 楽しくなる 怒ってる人に合うと 怒りたくなる 美しい花をみると きれいだなと思う 可愛い子猫をみると 可愛いなと思う でも心の中心には 何があるのだろうか かわらない何かがあるのだろ ...

ひとのつぶやき

2017/01/23   -

ひとのつぶやき それはその人ではない だから耳をかたむけてはいけない それは心の闇が たえきれず外にあふれたものだから 心のなかには 暗い闇と輝きが同居する 心の輝きは 一瞬のその人の行動 おもいもよ ...

自分で自分をほめないと

2017/01/11   -

  どんな小さなことでも 何かできたら自分をほめてあげよう まわりの人はきっと小さなことに 気づくことはないと思う みんな生きることに精一杯 みんなきみには無関心 みせかけの友情や優しさは ...

この瞬間

いつか君のいない朝がやって来る それとも僕のいない朝かもしれない でも、大丈夫 上をみあげれば、青い空 耳をすませば小鳥たちの鳴き声 神様がこの世界を作ったときと同じ 太陽は輝き 緑の森もその光を受け ...

Copyright© タイのバンコクから遠く離れた田舎でイマジン・ハッピー・ライフ , 2018 AllRights Reserved.