猫サムライ的タイ田舎生活

バンコクの片隅からそれはちがうだろー 2017

投稿日:2017年12月16日 更新日:

mcredifine / Pixabay

ねこにゃん
何をそんなとこで叫んでるんだにゃー、お腹がすたのかにゃー
モンちゃん
それはちがうだろー、それはちがうだろー
トンちゃん
まちがっても、ハゲーをつけては失礼ですカー

 

おはようございます。
今日も元気に、

【イマジン・ハッピ=・ライフ】

でスタートしています。今日はどんな一日になるでしょうか。

楽しいことがたくさんある一日でありたいですね。

 

今日のブログのテーマは、”バンコクの片隅からそれはちがうだろー2017”

あの議員さんの一言は今年私の中では一番印象に
残ってる言葉です。あの議員さん、落選しましたね。
それは無理もないこと、法律ではなく世の中の法に
よって裁かれたという感じです。でも、政治を志す
なら、10年ぐらいたってから、この失敗から学んで
日本の柱となるよい政治家さんになっていただきたい
ですね。

基本的に、私は”みんなちがってみんないい”と思って
生活しています。でも、ときどき、”それはちがうだろ!”
と叫びたくなります。今回は、2017年の”それはちがうだろ!”
をバンコクの片隅から叫んでみます。
モンちゃんのたわごとだと思ってください。

トランプ大統領のアメリカファースト、”それはちがうだろ!”

geralt / Pixabay

ハンバーガをたくさん食べようが、ダイエットコーラを何本飲もうが
それはトランプさんの自由です。でも、アメリカの大統領が
”みんなの幸せ”、”世界の平和”を第一に考えなくてはだめです。
アメリカに核ミサイルがとどきそうだから、北朝鮮に
圧力をかけたり、みんなのことを考えずエルサレムを
イスラエルの首都にしたり、これでは、争いが起こり、戦争が起きて、罪のない人が
死んでいきます。戦争が起きれば、軍事産業が儲かり、
そして、地球上の人類の数が大量に減っていきます。
朝鮮半島で戦争をおこして、韓国や日本に住む人たちが
大量に死んでも、アメリカが安全ならばよい、結局、
アジアなんかどうでもよい、アメリカ人さえ幸せならばよい、
そんな考え方は、”それはちがうだろ!”です。

 

北朝鮮の核開発、自国ファースト、”それはちがうだろ!”

小さく貧しい国が、世界から注目され、発言力を持つために
核兵器を持つ、たしかに現在世界から注目されていますが、
世界中のみんなを不安にして、夢や希望がもてない現実を
生み出しています。核兵器はこの世からなくすべきもの。
アメリカも自分だけたくさんの核兵器を持っていて、小さな国
が持つのはダメというのもおかしな話です。核兵器を使用する
国は、どこの国であれ悪魔によって支配された国だと思います。
お父さんの遺言どおりに核兵器の開発をしてる、あの人。
”みんなの幸せ”、”世界の平和”を第一に考えないと、
世界一不幸な国になってしまいます。火星という名前の
ミサイルを作れるなら、みんなで協力して火星に移住できるようにすればいいのに。だから、”それはちがうだろ!”です。

 

安倍首相の友達ファースト、忖度主義”それはちがうだろ!”

WikimediaImages / Pixabay

安倍さん、総理になったときにたしか、”まじめに働く人が報われる社会です。”とか”日本をとりもどす”とか言ってた
と思いますが、最近では”あんな人たち”、
”アメリカは日本と100%共にありますとか言ってるようです。
それだったら、日本はアメリカの州のひとつになったほうが
よっぽどいいのではと思ってしまいます。
あんな人たちの中には”まじめに働く人”がたくさんいたはず。
それに、日本を売り込むセールスマンだったのが、日本を売る
セールスマン、金のためなら原発を売り、自衛隊を売り、
日本の国民の命も売る、”それはちがうだろ!”。
日本を売るセールスマンは言葉を変えれば、”売国奴”。
そして、友達ファーストのモリカケの疑惑から逃げる姿、
都合が悪くなると海外に逃げるようにみえてしまいます。
こんな人に日本をまかせていいのでしょうか。
未来の教科書に”日本を戦争にまきこんだ総理大臣、
安倍忖度”とか書かれないように祈るばかりです。
やっぱり、西郷隆盛さんのように誠のある政治家さん
でなければ、だめですね。

緑のたぬきさんの自分ファースト、”それはちがうだろ!”

Pexels / Pixabay

最初、誰もが希望の党が登場した時、これで日本も
もっとよくなるかも、政権交代かと思ったのではない
でしょうか。ところが・・・。結局、自分優先の”みんなの幸せ”
、”世界の平和”なんか考えていなかったことがバレて
しまいました。希望が絶望に、”それはちがうだろ!”。

 

創価学会、SGIの会員数ファースト、”それはちがうだろ!”

maxlkt / Pixabay

宗教なんか必要ない。これが私の考えです。
現在をみても、過去をみても、争いや戦争の原因の
多くは”宗教”ではないでしょうか。

宗教って、みんなが幸せに平和に暮らすための
ルールだったはず。世界中の人が”みんなの幸せ”、
”世界の平和”を祈り、実現しようと思うだけでよいはず。
宗教団体や組織など必要ないと思います。

人が集まれば、いろんな利権がからみあい、派閥を作り、
金儲けだけが優先されてしまいます。権力者によりそい、
教義までも変えてしまう。それが、現在の創価学会SGIの
姿ではないでしょうか。共謀罪を許し、核兵器禁止条約
に加盟しないのか。”それはちがうだろ!”

それに、選挙になると、日蓮大聖人様の仏法など忘れて
票集めに走る姿、今も昔もかわっていないようです。

昔のローマカトリックみたいに、日蓮大聖人様の鎌倉時代のように、立派な教会や立派な会館、立派なお寺ができていても、
生活する人は貧しく、生活に苦しんでいます。
現在の日本、若い人の自殺者の数、孤独死をむかえた
人の数、過労死で死んだ人の数。それが既存の宗教など
必要でないことを示していると思います。

”みんなの幸せ”、”世界の平和”を忘れ、一人の人を大切
にすることを忘れた創価学会、SGIでは”世界広宣流布”
とか”創価学会仏”とか言ったところで、みんなの迷惑。
タイで裸足で早朝托鉢をするまじめなお坊さんの姿、
そしてそのお坊さんにお布施する素朴な人たちの姿、
タンブンに行く人たちの姿のほうがよっぽど立派に
みえてしまいます。

創価学会、SGIは原点にもどるべきです。
戦後の焼け野原に一人立った、牧口先生こそ
が創価学会の原点であるはず。そこには、
組織はありません。

そう考えると、私は”宗教なんかいらない”
と一人立つことにしました。ジョンレノンの
イマジンの世界に参加します。

今年はなんだか創価学会、SGIのことで
なんだかもやもやした1年でしたが、来年は
頭の中から、よけいなものはすべて消して
日蓮大聖人様のことだけを考え、
”みんなの幸せ、世界の平和”を祈り、
毎日の生活の中で小さなことから実現
していこうと思っています。
宮沢賢治さんの”雨にも負けず”の
こういうものが私の目標かもしれません。

そして、2017年の私、”それはちがうだろ!”

vaoOehVb_400x400
世間の出来事ばかり気にして、”それはちがうだろ!”
と言ってる自分こそ”それはちがうだろ!”。

今年もっとほかにやることがあったなと反省してます。
もっと、情熱を持って、夢中になって、一日を大切に
生きようと思います。

 

人生は短いから、喧嘩をしたり、争ったり、戦争してる

暇などないのです。もっと、みんなで楽しまないと。

やっぱり、”みんなの幸せ、世界の平和”ですね。

自分のことばかり考えてる自分をかんじょうに入れない、

むずかしいけど、そうありたいです。

来年はもっと平和でみんなが楽しい年になりますように。

Devanath / Pixabay







内容が面白い、役に立った、楽しいと思ったら、下のバナーのどれかをクリックしてください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

-猫サムライ的タイ田舎生活

Copyright© タイの田舎の片隅の小さな家からイマジン・ハッピー・ライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.