SF SF ショートショート ネット小説 猫サムライ的タイ田舎生活

【ショートショートSF】地球自爆装置

投稿日:

1517086014 768x512 - 【ショートショートSF】地球自爆装置

SpaceX-Imagery / Pixabay

安倍忖度博士は悩んでいた。
世界中の核兵器の拡散に。
すでに日本をのぞくすべての国がICBMを持っていて、
どこかの国がボタンを押せば、世界が滅亡するのはあきらかだった。

そうだ!安倍忖度博士は机を力強くこぶしでたたいた。
核の抑止よりもよいものがあるのだ。
それは自爆だ。日本が地球自爆装置を開発すればよいのだ。
どこかの国に向けてミサイルを発射することが問題なのだ。
地球の中心に向けて、大爆発を発生させる装置を開発するのだ。
安倍忖度博士は興奮して叫んだ。
”これで、世界中の核兵器をなくすことができる。
核兵器をもつという国がいたら、ボタンを押すとおどせばいい。”

すると、助手のAIロボットウランちゃんがやってきて、
”博士、もう地球自爆装置は人工知能ソフィアさんが30年前に作っています。
人類がそれに気付いていないだけです。核ミサイルの数があと1つ増えたら、地球は自爆しちゃいます。”

博士は深い溜め息をついた。
そして、すでにシンギュラリティが起きていたことに気づかない自分を悔やんだ。
しばらく、博士は考え込んでいた。
”いや、これはまだ終わりではない。”とさらに大きな声で叫んだ。
そして博士は仏壇の前に座り、不思議なマントラをとなえはじめた。
そのマントラは絶えることなく続いていた。
助手のAIロボットウランちゃんにはその言葉は理解することができなかった。
ウランちゃんは博士は壊れたと認識した。

 

1517086082 202x300 - 【ショートショートSF】地球自爆装置

Berzin / Pixabay

 

xxx

 

 

 







内容が面白い、役に立った、楽しいと思ったら、下のバナーのどれかをクリックしてください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

-SF, SF, ショートショート, ネット小説, 猫サムライ的タイ田舎生活

Copyright© タイの田舎の片隅の小さな家からイマジン・ハッピー・ライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.