誓願

投稿日:

1525642171 768x434 1 - 誓願


1991.5.5創価教育同窓の集い

「誓いを果たす」人がいちばん幸福

決意はたやすい。が、それを実現することは容易ではない。
反逆者たちも、皆、口がうまかった。それぞれに立派な決意を
述べていたが、結局、裏切っていった。
口ではない。行動である。結果である。事実である。
いったん約束したことは必ず実行する――これが私の、また
恩師戸田先生の精神である。また国際社会における信義
の根幹でもある。
口先だけでは通用しない。その場しのぎの言葉や、ソロバン勘定
だけではかえって信頼を失ってしまう。軽蔑の対象となる。
日本が国際社会において信用を得られるかどうかも、結局、
こうした基本を大切にしているかどうかにかかってこよう。(中略)
「約束を守る」人が人間としていちばん偉い人である。
「誓いを果たす」人が、いちばん苦しそうに見えて、いちばん幸福な人である。

---------------------------------
誓願

暗闇の中で
遥か彼方に光が見える
その光に向かって歩こう

その先には
厳しくやさしいあの人の顔が
明るく楽しいあの人の顔も
まじめで誠実なあの人の顔も

光に向かって真っ直ぐに続く
道がしだいに見えてくる
闇の中から声が聞こえる

そっちじゃない
それはちがう
危ないぞ
頭がおかしい
そんな無理はするな
こっちが楽しいぞ
そっちに行ったら命はない

いろんな声がきこえてくる
でも、この道を行くと
一度誓ったからには
死んでは生まれ
死んでは生まれ
何度も何度も
この道を歩き続ける
誓いを果たすまで

「今身こんじんより仏身ぶっしんに至いたるまで爾に
前ぜん迹しゃく門もんの邪法邪師の邪義を捨てて、
法華本門の正法正師の正義を持たもち奉たてまつるや否いなや」

「持ち奉るべし南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経」

「今身より仏身に至るまで爾前迹門の謗法を捨てて、
法華本門の本尊と戒壇と題目を持ち奉るや否や」

「持ち奉るべし南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経」

「今身より仏身に至るまで爾前迹門の不ふ妄もう語
ご戒かいを捨てて、法華本門の不妄語戒を持ち奉るや否や」

「持ち奉るべし南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経」

もはや宗教なんか必要ない
大切なのは日蓮大聖人様と私の約束

1525642349 768x512 1 - 誓願

 







内容が面白い、役に立った、楽しいと思ったら、下のバナーのどれかをクリックしてください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

-

Copyright© タイの田舎の片隅の小さな家からイマジン・ハッピー・ライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.